漫画「金色のガッシュ!!」感動・ギャグ・成長21歳でハマりました


スポンサーリンク


金色のガッシュという漫画知っていますか?

ヌシはずっと「金色のガッシュベル」と思っていたんだけど、ベルはいらないみたい。

小学4?5?年の時に学校で流行っていた。

ブームの中、なぜかガッシュを見ていない。

当時何を思っていたのか?絵が独特で受け付けなかったのかな?

理由は忘れてしまったが、あの時のヌシに会ったらいいたい「小さいうちに見とけよ!」

ガッシュは成長・友情・努力すべてそろった漫画だと言える。

主人公の清麿という漫画知っていますか?

ヌシはずっと「金色のガッシュベル」と思っていたんだけど、ベルはいらないみたい。

小学4?5?年の時に学校で流行っていた。

ブームの中、なぜかガッシュを見ていない。

当時何を思っていたのか?絵が独特で受け付けなかったのかな?

理由は忘れてしまったが、あの時のヌシに会ったらいいたい「小さいうちに見とけよ!」

ガッシュは成長・友情・努力すべてそろった漫画だと言える。

主人公の清麿はめっちゃ頭いい!MIT(マサチューセッツ工科大学)主席卒業者の論文を読んで暇つぶしにする中学生。

そこは漫画の世界だから盛ってるけど、話が進むに連れて清麿の頭の回転の速さで戦術・勝ち路を見出す。

勉強なんて何の意味があるんだよと思っていた、当時のヌシが見たら学校以外の勉強をしていたと思う。

多分主人公のガッシュベルは純粋で優しい魔物。

とにかく言動,行動ぜんぶ可愛い。

ガッシュベル目標は「やさしい王様」になること。

この”やさしい”も、何も言わない。Yesマン的やさしさではなく、相手の悪いところは悪い。すべて相手のためになるやさしさ。

周りの顔色ばかり窺う中学・高校生時代。

うわべだけ、挨拶だけみたいな人ばかり増えた。

実際遊ぶのも5人くらい。

本当のやさしさを「金色のガッシュ!!」を読んでん勉強します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました