大学中退その後どうやって生きていく?


スポンサーリンク


2019年4月 通学制の大学を中退をした。

中退して5カ月が経った今、後悔をしているかと聞かれたら「していない!」とキッパリ言い切れない。

これからどう生きていくのか。どういった人生にしたいのか。

ヌシの頭は正直弱い。考えても考えても「どうしたいのか」「何をしたいのか」分からない。

悩みを書きつつ、改善したらいいかなと思うことを書いていく。

この記事では

・これまでの反省
・これからどうするべきか(考え方)
・今何を目指して勉強しているのか

これら3つを中心に書いています。

スポンサーリンク


これまでの反省

今まで継続して続けてきたか

小学1年生まで戻って思い出してみる。

テレビを見ていたら空手教室でおにぎりを食べるCMが流れた。

当時のヌシはどこにカッコよさを感じたのか分からないが、親にすぐ「空手習いたい!」と言った。

親はすぐ色々調べてくれて次の日、道場見学3つほどまわった。

そこから型中心の道場に通うこととなる。

小学1年生~6年生まで空手を続け、中学に上がる時にやっと初段になれて、黒帯を貰うことができた。

継続できた1つ目
空手 初段 黒帯

上手さ・強さは一旦置いて、継続面で見ると良く頑張ったと自分で思う。

次に中学の部活。

1週間毎日部活。最後まで部活をやり切った!

高校の部活

2年生まで在籍したが、勉強を理由に退部した。

多分ここからだろう。逃げ癖が付き始めたのは。

なぜ大学を辞めた?

1浪して地元の大学に入学。

高校2年の頃、文理選択があって理系は就職が良いとネットでみて軽い気持ちで理系に進んだ。

親からはよく考えた方が良いと言われ続けたが、高校2年から”2ちゅんねる”の学歴板というものを見てしまったヌシは、理系以外はダメというのを真に受け進んでしまう。

ここで教訓。
自分で考えずにすぐ影響受ける人はネットで調べない(2ちゃんねる見ない)

3年生。勉強を理由に部活を辞めたのにも関わらず、理系クラス下から5番以内の常連だった。

大学受験では、現役で全て落ち。

頑張ると誓った浪人では文転。でも真面目クズになり余り学力は伸びなかった。

公募受験で受けた地元の理系学部。そこに通って、本命文系学部は全落ち。

今から思うと、理系学部でも文系のことを勉強できたし、遊んだりもできた。

書いてて自分の最悪さ。親への申しなさがすごい。

隣の芝生は青く見えて、ない物ねだりばかり。目の前のことを一生懸命やらないと後悔することを21歳になってようやく分かった。

当時、年下とも馴染めず物理も分からない。こんなところ来るはずじゃなかった。

色々考えすぎて学校が嫌になってしまった。

逃げる時は素早いヌシは手続きを済ませ大学を去ることに。

ヌシの性格(直すところ)

・目移りが酷くて、目の前のことに頑張れない

・結果が出る前に辞めてしまう(中途半端)

・ネガティブな意見ばかり鵜呑みにする

・真面目を装ったクズである

これからどうするの?

上に書いた4つの逆になれれば変わる。

だから、今やっていることは結果が出るまで続ける。

今している&これから始めることをやりきる

・筋トレ
・公務員試験勉強
・ブログ

自分で生きていけるだけの力を付ける

高校卒業して4年。

学歴は高卒。自分で選んだ道だけど、就職はほぼできないと思っている。

自分で稼ぐ力を付ける。

その様子もこのブログで発信していこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました