コンゴのファッション集団サプールがカッコいい!おすすめ本も紹介

シェアする

平均の月収が3万円であるコンゴ共和国。

そこに月収数か月分もする高級スーツを身にまとうお洒落集団『サプール』達がいる。

出典:https://monoco.jp/article/sapeur-interview

僕が最初に見て思ったのは

カッコいい!!
あかまつ

黒人+スーツの組み合わせスマートすぎる

黄色・緑・青といった日本人ではまず似合わないだろうスーツをお洒落に着こなす。

サプール(Sapeur)という言葉の意味はコンゴ共和国のファッションの一種サップ(SAPE)楽しむ人々のことを指す!

サップ(SAPE)・・・フランス語で「お洒落な優雅な紳士たち」という意味の「Société des ambianceurs et des personnes élégantes」の頭文字を取ったもの。

なぜ月収3万円の生活の中から少しずつ貯金をして高級スーツを買うのか

単なるファッション好きではない。

そこに平和への思いが隠されているのだった。

何故そこまでしてお洒落をするのか

出典:http://afri-quest.com/archives/12008

彼らは平日街の人と同じ服装で仕事に励む。

休日礼拝時に選び抜いた1番のコーディネートで身を飾り付け街をステップを踏みながら歩く。

大前提にお洒落が好きなのはある。

それに加えてサプールの行為には暴力反対を訴えるという意味も含まれているのだ。

お洒落に身を包んでいる間は武器を捨てファッションを皆で楽しむよう!

彼らのスローガン武器を捨てエレガントに生きる。

コンゴ共和国の子供たちの憧れの的であり希望を与え続ける国民のヒーローなのである。

出典:https://monoco.jp/article/sapeur-interview

子供のサプールが増えてきている!

“サプールの考える紳士像

「人を敬い、人から尊敬される存在でなくてはならない。」

この言葉を聞いてグサッときた。

あかまつ

この言葉逆を進もうとしていた時、この言葉に出会えてよかった!

筆者はサプールという存在を知るまでコンゴ共和国を深く知ることは無かったと思う。

彼らの行動は国がどういった状況かを世界に知ってもらう活動の一環

コンゴ共和国やその周辺国に少しでも興味を持った人はぜひ調べてみてほしい。

サプール関連の商品

Amazonで購入する場合。プライム会員になった方がかなりお得です(送料無料など)

まだなっていない人は⇒プライム会員から登録可能。

Amazonで購入する場合。プライム会員になった方がかなりお得です(送料無料など)

まだなっていない人は⇒プライム会員から登録可能。




モテたいメンズのための『トータルコーディネート』を得意とする
メンズファッションのオンラインストア!